終了講座一覧

すでに終了している講座です。申し込みは出来ませんのでご注意ください。

New 共催

2019年

【共催事業】なぜ性教育は必要なのか、考えてみませんか?

「京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター:京都SARA」で出会う性暴力被害を受けた若者たちはみんな、小中学校で「性暴力についての性教育なんかなかったヨ」という。世界的にみても非常に遅れているといわれる日本の性教育について考えるべきときが来ているのではないでしょうか。
シンポジストのみなさんにお話しいただいた後、会場の皆さんを交えて討議しましょう。

会場:ウィングス京都 2階 セミナー室AB

ウィメンズカウンセリング京都公開講座
主催:ウィメンズカウンセリング京都
共催:公益財団法人京都市男女共同参画推進協会


イベントの詳細
日時 2019年

9月23日 月・祝

13:30~16:30

講師

シンポジスト

関口 久志(京都教育大学教授)

 日本の性教育の現状。そして現在、国際的に実践されている人権・ジェンダーの視点に基づく「包括的性教育」について。



土田 陽子(帝塚山学院大学教授)

 「『若者の性』白書・第7回青少年の性行動全国調査報告書」において分析された「高校生・大学生の避妊に関する意識と行動」について。



鈴木 七海(京都大学経済学部学生)

 ウィングス京都のジェンダーハンドブック『必ず知ってほしい、とても大切なこと:性的同意』の作成に関わり、若者同士で考えたことについて。

定員

80名

受講料

1,500円