講座・イベント一覧

New 保育

2020年

男女共同参画・多様性の視点 で備える防災の基本

いざという時のチカラとするために、災害時の女性や要配慮者の課題について学び、 避難所運営ゲーム「HUG(ハグ)」を使ってシミュレーションしましょう。

bosai2002.jpg
チラシダウンロード

●HUG(避難所運営ゲーム)とは
HUGは、避難所運営を皆で考えるためのアプローチとして静岡県が開発しました。避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを使って、避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験します。


イベントの詳細
日時 2020年

2月1日・15日 土曜日 全2回
10:00~15:30(15日は12:30まで)

講師

池田 恵子(静岡大学教育学部教授、静岡大学防災総合センター兼任 教員、減災と男女共同参画研修推進センター共同代表)ほか

専門分野は社会地理学。青年海外協力隊、JICA(国際協力機構)技術協力専門家など国際協力の現場 を経て、2000年より静岡大学教員。 性別や多様な立場の人々の視点に基づく防災体制づくりのための調査、研修、教材 作成、研修できる人を増やす養成研修に力を入れている。東日本大震災後には、日 本で初の災害時における女性と子どもに対する性暴力の調査にも参加。 静岡県「静岡県避難所運営マニュアル」改訂検討委員会委員(2017年)、佐賀 県「男女共同参画の視点を取り入れた災害時避難所運営マニュアル作成委員会」委 員(2019年)など、避難所体制づくりにも取り組んでいる。

内容

2月1日(土)10:00~
講演「男女共同参画・多様性の視点で備える防災の基本」
講師:池田恵子(静岡大学教育学部教授、静岡大学防災総合センター兼任教員、減災と男女共同参画研修推進センター共同代表)

2月1日(土)13:30~
ワークショップ「HUGをやってみよう」
講師: 静岡県危機管理部危機情報課 班長 杉山 徹
アシスタント:静岡県危機管理部危機情報課 主事 山本 あす香

2月15日(土)10:00~
ワークショップ「HUG体験ふりかえり~男女共同参画・多様性の視点から~」
講師:京都府・市の男女共同参画センター職員

定員

80名

受講料

無料

申し込み方法
WEB フォームのボタンにジャンプします
往復ハガキ 〒604-8147 京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262番地 ウィングス京都 事業企画課
返信面にご自身の住所・氏名を必ずお書きください。
FAX 075-212-7460(事業企画課)
往復ハガキ・FAXの場合は記入事項をご記入ください
TEL 075-212-8013(事業企画課)

抽選
1月18日(土)必着/申込時に所属をお知らせください。

講座に参加される方のお子さまをお預かりします(無料 / 定員あり)

保育を希望される方は、講座お申込みの際、いっしょにお申込ください。料金等、詳しくはウィングス京都の保育をご覧ください。


往復ハガキ・FAXの場合の記入事項必ずご記入ください

  1. 希望講座名・コース名
  2. 〒・住所
  3. 氏名(ふりがな)
  4. 年齢
  5. 電話番号
  6. ファックス番号
  7. e-mailアドレス
  8. 保育希望の有無、保育ありの場合はお子さまの人数と年齢